つくばルート 交通費編

つくばわんわんランドつくばルート交通費

ではつくばルートで行く時の交通費を計算しましょう。
条件ですが、2021年10月現在土日祝日で出発地秋葉原駅と仮定します。
使用する交通機関は、つくばエクスプレスと関東鉄道バスまたはつくバス(つくば市コミュニティバス)になります。

0.交通費は?

忙しい人向けにまずまとめからw
秋葉原からですと、ICカード使って片道1205円往復で2410円、つくバス一日乗車券500円または筑波山シャトルバス往復で1420円、計2910円or3830円ですな。

ちなみにTXで「筑波山あるキップ」というのがあるようで、それだと筑波山シャトルバス・つくバス北部シャトルのどちらかに乗れて、秋葉原~つくば~沼田(筑波山口)を3360円で往復できるようです。
※秋葉原以外のTX各駅出発の設定もあります。

以下解説

1.TX(つくばエクスプレス)

通常運賃

秋葉原~つくばの運賃 1210円(ICカードは1205円)
優等列車の追加料金とかはないです。
 

往復きっぷ系

筑波山へ行くバス代がセットになった「筑波山あるキップ」 があります。
TXと筑波山シャトルバスorつくバス北部シャトルで往復出来ます。
筑波山シャトルバスで往復を考えている場合はちょっとお得ですね。
 ・筑波山あるキップ 3360円(秋葉原~つくば~沼田or筑波山口)

往復きっぷなので2日間有効です。(泊まりで行く?)
ケーブルカーやロープウェイも乗れる、別な「筑波山きっぷ」もありますので、筑波山に登りたい方はそちらをどうぞ。


2.つくバス北部シャトル

1日乗車券

全てのルートのつくバスに乗れる1日乗車券が500円です。
土日祝日かつ現金支払いのみです。
通常の運賃が片道だけで400円なので、往復するなら一日乗車券がお得です。
  

購入方法

バス車内で購入します。
降りる時に運転手さんに「1日乗車券ください」と言えば券をくれるので、500円を料金箱に入れるだけでOKです。
乗る時整理券を取った場合は、その整理券は各自で処分してください。
整理券を料金箱に入れようとすると怒られます…。
  
乗車した時発車時刻まで時間があれば、運転手さんに言って事前に購入もできます。

使用方法

乗る時は整理券を取らなくてOK
降りる時に1日乗車券を見せればOK

小児料金

大人の半額の250円です。

3.筑波山シャトルバス

割引の類いは無いみたい

なので、普通に払ってください。
つくば~沼田はICカードで720円、現金は740円です。


まとめ

交通費に関しては土浦ルートと大して変わらないですね。
到着時刻を考えて、各自都合良いルートで行けば良いと思います。

土浦でもつくばでも、4人くらいで行くなら駅からレンタカーが良さそうですけどね。
(ここではあくまで公共交通機関のみを利用しての話なので割愛)


余談

他にもJR水戸線の下館駅・大和駅・岩瀬駅からのルートもあるのですが、東京方面から行くには単に遠回りなので割愛します。

余談ですが、つくばわんわんランドの最寄り駅(直線距離で一番近い駅)は関東鉄道常総線の下妻駅になりますw
バス途中乗換で行けますけど、実用的では無いですね。

以上